見出し画像

Web版「peep」をゼロから作り上げたフロントエンドエンジニア柳原が振り返る、参画1年目の苦悩と喜び

スクリーンショット 2020-06-08 13.59.36

柳原 新(やなぎはら・あきら)
ネットワーク機器メーカーでのファームウェア開発や、web制作会社でのマークアップ・フロントエンドのコーディングを経て、2019年よりフロントエンドエンジニアとしてtaskeyにジョイン。主にpeepのweb版開発に従事。


━━はじめに、エンジニアになったきっかけを教えてください。
僕、ずっとバンドをやっていて、それ以外にやりたいことや好きなことが特になかったんですよ。十代後半で、何かないかなって思っていた時に、プログラマーをやってる先輩に「エンジニアに向いてそうだから、本でも買ってやってみれば?」って軽いノリで言われたんです。それで、物は試しにと思ってやってみたら、なんか楽しくて…。そこからですね。

━━taskeyにジョインしたきっかけを教えてください。
もともと、taskeyのCTOである深見のTwitterをフォローしていたんですよ。ちょうど、転職を考えていたタイミングで、深見がTwitterでtaskeyのフロントエンドエンジニアの仕事を募集していたんですね。それに書いてあった仕事内容と、僕がこれからしていきたいと思っていたことがすごくマッチしていて、その募集を見た瞬間にメッセージを送りました。

━━ナイスタイミング!そこからの流れは…?
そのあと、深見とランチをして会社や仕事の話を聞いて、やっぱりやりたいと思ったので、初めは休日にだけインターンみたいな感じでtaskeyに行き始めました。ちなみに、初めて会社に行った日に、初めて会ったtaskeyのメンバーと朝までカラオケに行きました(笑)。

━━あれ?!その日、私もいましたよね?(笑)
そうです!まさか初対面の人たちと朝まで過ごすとは…(笑)。いやー、懐かしいですね。でも、それでなんとなく会社の雰囲気も知れたし、いい思い出です。

画像3

━━転職の一番の決め手はなんだったんでしょうか?
一番は、メンバーと会社の雰囲気に惹かれました。話をしていて、一緒に仕事をしたいと思える人たちだったっていうのが大きいです。会社を決めるにあたって、そこが一番気になってたところだったので…。今は、お世辞とかではなく本当に楽しいです!

━━柳原さんを見てると、いつも本当に楽しそうなのが伝わってきますもん(笑)。今、taskeyでどのような仕事をされているんでしょうか?
分かりやすく言うと、今年リリースされた「peep」のwebブラウザ版があるんですけど、その画面に見えてる全ての部分を作る仕事です。

━━taskeyにジョインして一年が経ますが、よかったことを教えてください。
まず、自分でゼロからサービスをスタートして、リリースまでしたっていう経験ができたことですね。あとは、たくさんのエンジニアの仲間が近くにいることが、とてもありがたいです。気の合う人が多くて、仕事以外の話もできる人が増えたのは嬉しいことですね。

━━エンジニアチーム、和気藹々としていて、とてもいい雰囲気ですよね。
すごく居心地がいいです。前職では、エンジニアが僕と後輩の二人だけで、相談したい時にできる人っていなかったので…。今、とてもいい環境にいるなと思います。

━━逆に、苦労したことってありますか?
「プログラムを書く」っていってもいろんな分野があるんですね。前職でやっていたことと今の仕事って、重なる部分ももちろんあるんですけど、初めてやることも結構多くて…。最初の頃は、慣れないし分からないことも多くて困ったことはありますね。

━━なるほど。taskeyに入って、また新たに勉強したことがあるんですね。
そうですね。「peep」のweb版って、世界全体で見ても新しい技術を使って作ってることが多くて、あまり情報がないっていうことも多々あるんですよ。そういう誰も分からないことを調べながらやるのが大変でしたね。

画像3

━━今、柳原さん自身が課題に感じていることはありますか?
まだ、会社全体を見て仕事ができてないなって思います。せっかく、日々の成長を数字で見ることができる環境なので、そういうことを意識しながら仕事に取り組んでいけたらいいなと思います。

━━お仕事をしていて、一番テンションが上がる瞬間はいつですか?
「peep」のweb版のように、新しい機能や、大きい機能が完成してリリースできたときはすごく嬉しいですね!自分の会社のビジネスの成長を、日々数字で見て感じられるのも楽しいです。

━━taskeyで働くことの魅力はどういうところだと思いますか?
taskeyって、希望していることを結構やらせてもらえる会社なので、すごくやりがいがあります。あと、「どういう風にしていったらこの人は成長していけるかな」って真剣に考えてくれる上司がいるので、プログラミングが上達するだけじゃなく、いろんな広い方面で成長できる環境だなって思います。

━━taskeyの好きなところを教えてください。
やっぱり、風通しの良さは好きですね。あと、もちろん上長がいて社長がいるんですけど、変な上下関係っていうのがない!みんながみんなにちゃんとリスペクトを持って仕事をやってるなっていう感じはあります。

━━確かに。それが会社のいい雰囲気に繋がっている気がしますね。
大学生のインターン生も一緒に働いているんですけど、歳とか関係なく、みんな本当にすごいですよね。学ぶことがたくさんあります。

画像4

━━プライベートはなにをして過ごしていますか?
最近は家から出られないので、お酒を飲んだり社内のメンバーとゲームしたり、最近社内のslackでカレーチャンネルというのがあって、その影響でカレーを作るのにはまってます。あとは、taskeyのエンジニアはみんなそんな感じだと思うんですけど、自分の興味のある新しい技術を勉強したりもしてますね。オフの時でもみんな「peep」を少しでも良いサービスにすることを自然と考えてる気がします。でもまあ、ほぼカレー作ってますけど(笑)。

━━この間、会社で手作りカレーを振る舞ったとか…!
振る舞いました(笑)。エンジニアかカレー屋か分からなくなってきました…。

━━最後に、taskeyに興味がある人へメッセージをお願いします!
少しでも興味がある人は、是非応募してほしいです!気軽にランチなどでお話させていただいてtaskeyの雰囲気をお伝えしたいです。こんなに楽しい仕事あるのかと思うくらい、楽しさをお伝えできると思います(笑)。一緒に「peep」を盛り上げたいという気持ちがある方や、興味はあるけどまずはどんな会社なのか知りたいという方も、ぜひご連絡ください!

━━1日のスケジュール
10:30 - 11:00 出社 
11:00 - 11:30 朝会
11:30 - 13:30 実装・レビュー
13:30 - 14:30 ランチ
14:30 - 20:00 実装・レビュー・デプロイ
20:00 - 21:00 勉強、技術調査
21:00 - 帰宅 or 社内のメンバーとスマブラ

画像5


柳原さん、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
「21世紀、もっとも読まれる物語を生み出す」をミッションとし、e-Storyサービス『peep』を運営しています。

こちらでもピックアップされています

taskey magazine
taskey magazine
  • 28本

「21世紀、最も読まれる物語を生み出す」という理念のもと、e-Sroryアプリ「peep」を運用している創業5年目のスタートアップ企業のブログです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。