見出し画像

「taskeyで新しい事業を立ち上げたい!」 PM兼マーケターの二刀流社員が語る、野望と目論み

スクリーンショット 2020-01-24 18.24.32

相澤一樹(あいざわ・かずき)
2014年に広告代理店アドウェイズに入社。営業とマネージャーの経験を積み、その後taskeyへ。現在はpeepのプロダクトマネージャーとして従事。

━━taskeyを知ったきっかけはなんですか?
前職の広告代理店に勤めていた時に、CEOの大石と知り合いました。「peep」のプロモーションを打つ時に話をもらったんです。それは具体的に取引が進むことはなかったものの、提案内容を大石が評価してくれて、それからずっと繋がってます。もう4年前ぐらいですね。

━━転職の決め手を教えてください。
大石の熱意です。1回目の誘いは断ったんですけど、そのあとも何回か会う機会があって「こういうコンテンツを構築して、海外でも最高のエンタメを作りたい」っていう話を聞いて、すごくワクワクして惹かれている自分がいて……。

━━口説かれたと。
はい……。大石の話し方って本当ズルいですよね(笑)!僕が同じこと言っても嘘くさくなるもんなぁ……(笑)。単純にtaskeyに魅力があったし、今後のキャリア形成を考えた時に「代理店という立場ではなくコンテンツを創る側も経験しておきたい」という思いもあったので、2回目誘われた時に入社を決めました。

画像2

━━広告代理店時代は、どういう仕事をしてたんですか?
出版社相手の仕事が多かったです。漫画アプリのプロモーションの部署にいたので、ひたすらアプリの漫画を読みながら、メンバーと話しながら、試行錯誤してましたね。

━━今の環境と近いものはあったんですね。
そうなんです。だから「peep」のプロモーションも結構うまくいってるっていうのはあると思います。

━━現在、PM(プロダクトマネージャー)をメインでされていますが、taskeyにはマーケターとして入社する予定だったと聞きました。
そうなんです。前職ではずっとマーケティングをしていたので。でも、PMもやってみたいと伝えたら、入社する頃にはPMの話がメインになっていて、入社1ヶ月後にはPMの仕事を任されていましたね(笑)。

━━なぜPMをやりたいと思ったんですか?
マーケティングサイドとプロダクトサイドの両視点があれば、自分がやりたいと思ったことを形にすることができて、そこから世の中に広げていくこともできるっていう観点からですね。

━━違う職種へ飛び込むのってとても勇気のいることだと思いますが……。
PMってコンテンツを作ってたり、プロダクトを持ってる会社じゃないとできないので、初めての経験ばかりで大変なんですけど、やりたかったことだからすごく楽しいです!でも、今もマーケにもまだ片足突っ込んでますよ。とりあえず色々やってます(笑)。

画像5

━━実際にPMとして働いてみてどうですか?
大変ですね(笑)。正直なところ、やりたいことがありすぎてどの施策から打つべきか結構悩んだりしてます。ただ、実際に施策を世に出して、ユーザーから良い評価を頂いたときに今までにない嬉しさや楽しさがありますね!逆も然りで、さらにやることも増えていきますが……(笑)。何が正解かわからない分、とにかくなんでもチャレンジさせてもらえるので、自分の肌には合っていると感じています!

━━マーケター経験って活きていますか?
前職で、数値の分析や、多くのアプリデベロッパー様と取引をさせていただいていたので、施策の前後の数値分析や、その結果に対する打ち手の考案などは、PM業を遂行していく上で役に立っていると感じていますね。

━━現在課題に感じていることはありますか?
分析基盤をもっと厚くしたいですね。グロースハックをしていく上では、スピード感が大切だと思っていて、分析の基盤を強固にして、施策の振り返りやネクストアクションをすぐに割り出せるようにしたいです。現状でも分析基盤はあるのですが、もう少し時間をかけて厚みを持たせることで、誰でもいつでも現状を把握できるようにしたいです。あとは、個人的に開発言語を学びたいと思っていて、今はProgateで粛々と勉強してます(笑)。

━━開発陣とはどのように連携しているのですか?
最初のうちは、会議などで自分の知らない用語が飛び交っていて混乱していましたね……。朝会や会話をしていく中で細かく教えてもらったり、少しずつですが勉強することで、少しでも開発陣と目線を合わせて話ができるように心がけてますね!

画像4

━━taskeyの好きなところを教えてください。
やりたいと思ったことを実現していくスピードの速さは、とてもいい社風だと思います。あと、何度も言いますが、自分が未経験の領域を任せてもらえるのも魅力かなと。

━━今後の目標を教えてください。
taskeyで新規事業をやっていきたいです。もちろん「peep」を誰もが使っているアプリに成長させますが、その後はtaskeyで「peep」以外のサービスを立ち上げて世の中に広めてみたいです。

━━何かビジョンはあるんですか?
内容はまだ決まってないんです。市場調査しつつ、何か面白いことできればなと。「peep」とはまったく別の新しい境地に進出したいです。誰が何に興味持ってるかを聞くのってすごい楽しいですよ。

━━プライベートは何をして過ごしていますか?
テニスをしているか、友人や知人と飲んでることが多いですね。ただ飲むのではなく、初めて会う人がいたら、スマホにどんなアプリが入ってるかとか聞いたりして、市場調査も兼ねてます。多分(笑)。

━多分……。
最後にtaskeyに興味がある人へメッセージをお願いします!
興味があるなら行動したほうがいいです。連絡頂ければランチでも行って、もっとtaskeyのことをお伝えします。話を聞いた上で一緒に仕事したいと思ってもらえるのであれば、是非参画して欲しいなと!仕事もプライベートも全力の人が多いので、絶対楽しいと思います!

画像3


━━1日のスケジュール
10:00 - 11:00 出社 
11:00 - 13:00 朝会、マーケ/グロース関連の定点数値確認、時事確認
13:00 - 14:00   ランチ
14:00 - 17:00 社内外ミーティング、開発管理など
17:00 - 20:00 グロース施策分析・考案など
20:00 -      帰宅 or ごはん

相澤さん、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
「21世紀、もっとも読まれる物語を生み出す」をミッションとし、e-Storyサービス『peep』を運営しています。

こちらでもピックアップされています

taskey magazine
taskey magazine
  • 27本

「21世紀、最も読まれる物語を生み出す」という理念のもと、e-Sroryアプリ「peep」を運用している創業5年目のスタートアップ企業のブログです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。