見出し画像

シネマ小説『記憶にない家族』出演者インタビュー(優子役・春川芽生さん)

2019年12月4日に、弊社が運営するチャット小説アプリpeep内に公開されるシネマ小説第7弾『記憶にない家族』のなかで「優子」役を演じられた春川芽生さん。

ホラーが大の苦手で、台本を読んだ時から撮影当日まで怖くて仕方がなかったという春川さん。撮影の裏話や、プライベートのことまでお話を伺いました。

画像1

春川芽生(はるかわ・めいく)
映画、舞台を中心に活躍中。特技の歌を生かし数多くのミュージカルにも出演。実力はもちろん、コロコロと変わる表情や誰からも愛される魅力的な人柄で日々活躍の場を広げる今注目の若手女優。

━━撮影はいかがですか?
難攻不落!!先輩方に優しく付き合っていただきながら、とってもとっても頑張っております!NGだしても励ましてくださって……。支えてもらってる気持ちがたくさんあります。

━━台本を最初に読んだ時の印象はいかがでしたか?
「怖ーーい!」(笑)。私こう見えてビビリのチキンハートで、ホラーとかグロが苦手なんですよ。でも決まったからには頑張ろうってふんどし締めましたね。

━━台本読んでる時もゾクゾクしたんじゃないですか?
ゾクゾクというよりも「これをやるのか」っていう……。しかも刃物とか出てくるシーンがあるじゃないですか。私、針の先ですら怖い人なので、リアルに包丁とか向けられたら、優子じゃなくて春川の本当に怖いやつが出ちゃう(笑)!

画像2

━━記憶喪失という難しい役にどうアプローチされましたか?
最初の入りのシーンは「起きた」「見た」「痛い」「どこ?」みたいに、何も考えず単純な行動と単発の感情だけでやりました。

━━私生活でゾッとしたエピソードはありますか?

舞台を終えた後、部屋を見たら大量のペットボトルがあるんです。溜めてるの自分なんですけどね(笑)。毎回ゾッとしますね。100本近く溜まってます(笑)。

画像5

━━普段、漫画や小説は読まれますか?
漫画は結構読みますね。それこそ実家に1000冊ぐらいあったんですけど上京してから部屋に置くところなくて持って来たのも一部ですし、新しく買ったりはしてないです。小説も家にはあるけど読んでないものがたくさんあります(笑)。

━━1000冊!!全部春川さんが集められたんですか?
2000冊だったかな……?そうです。学生時代、洋服とかご飯よりも漫画が好きで、とにかく漫画につぎ込んでたんですよ。よく衝動買いしてました。

━━その中で1番好きなものを教えてください。
難しいなあ!入りは『らんま1/2』で、育ちは『HUNTER×HUNTER』です。でもこないだアニメになった『バナナフィッシュ』もバイブルで。先日ミュージカルに出演させていただいた『美少女戦士セーラームーン』の漫画も大好きです。どうしよう、決められない(笑)!

━━「peep」は読んだことありましたか?
読んだことなかったです。存じ上げなくて、どういうアプリか聞いた時に、すごく今時でそういうことをするんだと思ってびっくりしました。私じゃ生み出せなかったと思います、惜しいとこまで行ってたんですけど(笑)。

━━(笑)。最後に読者へ一言お願いします!
ご覧くださりありがとうございます。オリジナル作品ということで、他では見られない作品を映像も交えてご覧いただけるので、いろんな視点で楽しんでいただけたらと思います!

画像4


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
チャット小説アプリ『peep』を運営している taskey株式会社の広報担当です。

こちらでもピックアップされています

taskey magazine
taskey magazine
  • 26本

「21世紀、最も読まれる物語を生み出す」という理念のもと、e-Sroryアプリ「peep」を運用している創業5年目のスタートアップ企業のブログです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。