見出し画像

シネマ小説『#インフルエンサーキルド』出演者インタビュー(リカ役・山之内すずさん)

2020年1月24日に、弊社が運営するチャット小説アプリpeep内に公開されるシネマ小説第8弾『#インフルエンサーキルド』のなかで「リカ」役を演じられた山之内すずさん。

始めたばかりのお芝居が楽しくて仕方がないと語ってくれた山之内さん。今回初挑戦となったサイコパスな役どころの感想や、デビューのきっかけとなった「TikTok」についてお話を伺いました。

画像1

山之内すず(やまのうち・すず)
恋愛リアリティーショー番組「白雪とオオカミくんには騙されない」(AbemaTV)に出演し、絶大な支持を集める。TikTokのフォロワーは50万人を超えるティーンのカリスマ的存在。モデルや女優、タレントとしてマルチに活動し、日々活躍の幅を広げている。

━━撮影はいかがですか?
すごく楽しい現場でやりやすくて幸せでございます!後半になるにつれてサイコパス役っていうのがちょっとずつ分かってきて楽しくなってきました。

━━普段お芝居はされますか?
最近ちょっとずつさせてもらってるぐらいなんですけど、楽しいです!今一番やりたいのがお芝居で、ちょっとずつちょっとずつ頑張っている段階です。

画像3

━━印象深いシーンを教えてください。
「おはようございます。よく寝れましたか?」のところが怖いというか、ゾワってするなって思いました。

━━「リカ」を演じる上で表情や仕草など意識していたことはありますか?
なんだろう……。笑っていいところでも、いつものガキっぽい笑顔じゃなくて、ちょっと気持ち悪い笑顔にするようにしているつもりです。

━━今後、どんな役を演じてみたいですか?
10代らしい明るい役もそうだし、もともとヒューマンミステリーとか重めの話が好きだったりするので、そういう暗い重い役もできるような人になれたらなと思います。

画像4

━━普段、漫画や小説は読まれますか?
小説をたまに読みます。最近は物語系よりも心理学関係の本を読むことの方が多いです。漫画よりも小説の方が好きですね。

━━オススメを教えてください。
尾崎世界観さんの『泣きたくなるほど嬉しい日々に』っていう書籍がすごく好きですね。尾崎世界観さんの考え方がすごい好きで、気分落ちた時とかはそれを見て癒されて気分を切り替えて生きてます。

━━peepは読んだことありますか?
何回か読んだことありました。タップするだけっていうのが読みやすいじゃないですか。短時間でも読めるからいいなって思います。

画像5

━━すずさんはいつから、どうしてTikTokerになったのでしょう?
事務所にもまだ入ってない去年の5月中旬ぐらいに、友達の中で流行ってて、ネタ系の動画を撮って投稿はせずに送り合うっていうのをしていたんです。でも、ある日間違えて投稿しちゃって。それがたまたま伸びて「すごいやん」ってなって、そこから何個も載せていって今に至る感じです。

━━TikTokの役割はなんだと思いますか?
もう流行りとかそういうものを超えて、当たり前にある存在になってると思います。動画を投稿する人も見る専門の人もたくさんいるから、小学生から大人までみんなが見てるような生活の一部になってるものだと思います。

━━すずさんの思うTikTokの特性を教えてください。
短い時間で自分のしたいことができる、自分の個性を出せる、自己プロデュースがすごくしやすい場所だと思います。最近では芸人さんとかも使っていたりして、たくさんの人に見てもらえる機会を自分で作れる場所ですよね。自分もTikTokがきっかけでこうやっていろいろお仕事させてもらったりしているから、夢に近づけるものだと思っています。

画像6

━━投稿内容や音源はどのように決めていますか?
自分はもともとTikTokをそんなに力入れてやってるほうではないから、いいなって思った音源を保存しておいて、自分の気が向いた時にしたいように撮ってゆるく載せてます。「できるときに楽しく投稿する」っていうのが大事だと思っています。

━━TikTokがここまで流行った理由はなんだと思いますか?
限られた時間だから見やすいっていうのもあるし、動画投稿するハードルとしても低いし、いろんなジャンルがあってスクロールするだけでいろんなものが見れて、日本の方から海外の方までいろんなジャンルが見れて……。動画一つの時間が短いからこそ飽きないというか、ずっと見てられるっていうのが強いんじゃないかなと思います。

画像7

━━すずさんの今後の方向性を教えてください。
SNS上がりでそれ止まりっていう人にはなりたくないから、SNSに頼らなくても生きていけるようにお芝居の勉強をしたり、SNSをこれからも大切にしつつ、それ以外の芸能活動のお仕事もたくさんいただけるようになりたいなと思っています。

━━最後に、読者に一言お願いします。
サイコパス役というものが初めてで上手にできているかどうかわからないんですけど、すごい面白い作品で、すごい面白いアプリなので、是非みなさん楽しんで見ていただければなと思います!

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
チャット小説アプリ『peep』を運営している taskey株式会社の広報担当です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。