見出し画像

スタートアップに転職するリスクは全くない!?4年半働いてCTOになった僕が解説するスタートアップの真実

皆さんこんにちは

taskey株式会社のCTOの深見です。みんなにはフカミンミンと呼ばれています。

実は最近、インターンからそのまま新卒入社してくれた子がいて非常に嬉しかったです。

(↑入社式の様子)

さて今回はタイトルどおり、スタートアップを次のキャリアに選びたいけどスタートアップに入ると色んなリスクがあるんじゃない!?と不安があるかたに向けてブログを書きました。

僕は新卒の会社を1年半で辞め、その後は立ち上げ期からtaskey株式会社にジョインしエンジニアとして働いてきました。

社会人歴6年のうち、大きな会社が1年半、スタートアップで4年半というキャリアの持ち主です。

おそらくこの記事を読んでいるみなさんよりも少しだけスタートアップに詳しいと思います。

ちなみにスタートアップにいる人はってなんかガンガン前に進んでいくみたいなイメージありませんか?

僕はそういうタイプではなく、石橋を叩いて叩いて叩きに叩きまくって渡る超慎重派タイプの人間なので、色んなことをリスクヘッジしながら生きています。

もちろんスタートアップに入るときはテンションが上がって「やってやるぜー!」という感情も10%くらいありましたが、「でもスタートアップって大丈夫なん。失敗したらどうしよ。。。お父さんとお母さんとばあちゃん心配しないかな。。。」という不安だらけでした。

世の中には同じようにスタートアップに入りたくても、不安なことが多すぎて一歩踏み出せない人もいると思っています。

そんな方々が一歩踏み出せる気持ちになれたら嬉しいです。

※ このブログの中ではエンジニア目線で話を進めていますが、どの職種でも当てはまると思います。

スタートアップってよくわからない

突然ですが、スタートアップってよくわかんなくないですか?

SNSを見てるとたまーに「xx社が○○億円調達!」とか流れてくるけど、「へぇxx億円調達したんだー。億って金額が大きいなぁ。なんかすごいんだろうなぁ。よくわかんないけど。」くらいにしか感じなくないですか?

僕もみなさん同じでよくわかってませんでした。

しかし不思議なものでよくわかってないのに不安要素だけはメチャクチャ出てくるんですよね。

今考えれる分でもこんなにあります。

1日18時間くらい働いてるんじゃないの?
オフィスとかあるの?どっかのマンションの一室じゃないの?
福利厚生って知ってる?年金どうなるの?
給料ってもらえる?もらえても超低い?
信用がなくなる?カードが作れなくなる?
実力ないけど教えてくれる人いるのかな?役立たずにならないかな?
キャリアはどうなるの?会社が倒産したら?
お母さんとかお父さんとか心配しないかな?

さらに色々調べて見るわけですね。そうすると、怖い記事を見付けたりしちゃうわけです。

例えば社長のインタビューで「実は給料が払えない時期があってー。ハハハ。寝る時間もほとんどなくてさー、年間で2日位しか休みなかったよー。アハハ。」みたいなことを語られることがあります。

うん!!!!!!

こえーよ!!!!!!笑ってんじゃねーよ!!!!

給料は払ってくれよ!!!!!!寝させてくれよ!!!!!もっと休もうよ!!!!!

不安は広がる一方です。

しかし、そんな僕もスタートアップにジョインして早4年半。
僕が最初に考えていた不安はどうだったのでしょう。

ということで何個か抜粋しながら僕が思った経験を書いていこうと思います。

1. 給料ってもらえる?もらえても超安い?

さていきなりこの話題に触れましょう。

給料の話!!!

ズバリいいますがこれは会社のフェーズによるんですね。

創業したての頃はシードやプレシードで数100万〜数1000万を調達し、ほぼ全てを人件費に使うことになるでしょう。

当たり前ですが「2000万調達したから2人で1000万ずつね!メッチャ金持ちヒャッホー!!!」みたいなことにはならないわけです。

1人の給料を500万にしたら会社は2年続けられます。
1人の給料を500万にしたら更に2人雇って今の倍のスピードで開発できます。

この辺の金額感は経営者の判断になるので一概には言えません。

しかし、比較的創業して若い時期の会社にジョインすると給料は安くなると思います。(僕の場合は手取りが半分くらいになりました)

しかし、先程紹介したような「xx社が○○億円調達!」のような記事が出る会社は比較的資金に少しは余裕があるフェーズだと思います。
なので「給料を下げてでも会社を延命させなきゃ!!給料安くするね!!今月払えないから我慢してね!!」みたいな感じにはなりません。

うちも数億円調達くらいのフェーズなのですが、最近入社した社員に聞いても「こんなにもらえると思ってなかった。かなり減るのを覚悟していた。。。」って言ってました。

まとめると・・・

入る会社のフェーズによる!!!!!
スタートアップだから絶対給料下がるとかない!!!!
自分のスキルを活かせるなら同じ or もっと貰えるかも!!!

2. 実力ないけど教えてくれる人いるのかな?一人で不安なんですが...

はい。大丈夫です。なんとかなります。

いや、マジでなんとかなります。

というかエンジニアの方に聞きたいんですけど、常に誰かに教えられながら開発してますか?いつもみんなで開発してますか?常にメンターに指示されながら開発してますか?

違いますよね?

自分一人でググってググってググってググってググってググってググってググって開発してる時間のほうが多くないですか?

みなさん普段から結構一人で開発してますよ!自分の力だけで開発してますよ!だから安心してください!

ただ、一つだけ注意するとすれば「普通の企業にいるときより問題に無駄に固執しない」ことだけです。

なぜなら一人の工数の遅延がほぼそのまま全体の工数に影響してくるからです。

大人数の中のひとりの工数が伸びても全体の工数に影響がないかもしれませんが、少数の中で一人が大幅に遅れると非常に大変なことになります!

なるべく効率よく問題は解決していくようにしましょう。

僕の場合は誰も相談する人がいなかったのでわからなくなったらすぐにteratailとstackoverflowさんに質問しまくってました。

まとめると・・・

意外といつも一人で開発してるから普段と変わらない!!!!
無駄に問題に固執するのは辞めましょう
!!!!
どうしても無理なら世の中にある問題解決サービス使おう!!!!!

3. キャリアはどうなるの?会社が倒産したら?

「スタートアップに入るんだから目の前のプロダクトに全力をつくすべきだ!キャリア?そんなの考えるべきじゃない!眼の前のことに全力だろ!

はいもちろんそうなんですけど、自分の人生設計を考える上でキャリアは大切ですよね。

可能性として会社が潰れてしまうことももちろんあるわけですから、その後にすぐ転職できるようにスタートアップでもスキルを身につけたいですよね。

それでは、スタートアップで働くことは長い目で見たキャリア的にはどうなのでしょうか?ステップアップできるのでしょうか?

個人的には「全く問題ない。むしろ個人としてのバリューは上がってステップアップできる。」と思います。

当たり前ですが、一つの場所で頑張っていれば何かしらの力は付きます。それはどの職場でも一緒です。

それではスタートアップで身につくものは何でしょうか?

それは会社レベルの視座の高さです。

普段はいちエンジニアとしてプロダクトを作っているみなさんでも、スタートアップに入ると確実に視座が上がります。

定例では「開発の進捗がー」などの作業レベルの話から「資金調達が今最終段階でー」みたいな会社レベルの話まで飛び交ってるわけです。

会社によっては「会社にあるお金はあとこのくらいなので、このまま行くと半年後に潰れます」とか言うところもあるらしいです。(怖い)

普通の企業では公開されないような情報が、スタートアップではオープンに共有されたりします。

こういう環境にいると全ての思考の最初に「会社が利益を出すためには」みたいな言葉が勝手につくようになってきます。

会社レベルまで視座が上がったエンジニア、世の中には多くいないでしょう。もちろん社会からの価値も上がります。

しかもスタートアップの何がすごいって「自分がそれを望まなくても勝手にそうなる」ところです。すごくないですか?

働くだけで視座が高くなり、エンジニアとしてのスキルも上がっていく。勝手に上がると言ったけど、能動的に学びにいけば更に視座は上がっていきます!

これは大企業に比べてスタートアップのほうが圧倒的に身につきやすい環境だと思います。

ちなみに技術力の伸びに関してですが、これに関しては場所は関係ないと思います。(特定の技術に秀でている企業は別。IoTとかAIとか。)
なぜなら勉強する人はスタートアップでもするし、しない人はどこへ行ってもしないからです。

まとめると・・・

スタートアップにいると視座が勝手に上がる!!!!!
技術力の成長スピードは人による!環境は関係ない!!!!!

【最後に】あなたが今興味を持っているそのスタートアップは今しか存在しない

さて、ここまで3つのことを解説してきましたがみなさんどうでしたか?

個人的にはスタートアップに入る大きなデメリットってないと思ってます。スキルもつくし視座も上がる、自分が好きなプロダクトに携われる。いいことばっかりです。

個人的にはスタートアップに入るのは超オススメです。

そして「実はあのスタートアップの記事を見て興味を持ってたんだ...」というあなた。

今すぐその会社に連絡して話を聞きに行きましょう。社長、社員をtwitterで見つけてリプライやDMしましょう。なにか行動しましょう。

なぜかというと「あなたが今行きたいと思っているそのスタートアップは今しか存在しないから」です。

もう一度言います。

あなたが今行きたいと思っているそのスタートアップは今しか存在しません!!!!

スタートアップは半年も経てば規模も変わり、違う組織になっていることが多いです。

そのスタートアップは現在社員が5人かもしれませんが、半年後には15人になっているかもしれません。

そのスタートアップは今売上が数百万かもしれませんが、半年後には数千万売り上げてるかもしれません。

そのくらいスタートアップって成長速度が早いです。あっという間に変わっていきます。

僕たちも半年前は3人しかおらず小さい一室で仕事をしていましたが、半年経った今はインターンも含めると約15人くらいまでメンバーが増えました。

会社の組織の変化のスピードは今まで味わったことがないくらい早く、半年前とは全く別の組織です。

最後にもう一度言いますが、「あなたが今行きたいと思っているそのスタートアップは今しか存在しません。

思い立ったが吉日です。興味があるならアクションしてみましょう!!

スタートアップって楽しいですよ!!!!!!!

ちなみに最後に宣伝ですが、弊社もpeepというアプリを作っているスタートアップです!

現在急成長中なのですが、圧倒的にエンジニアが足りていません!

エンジニアを募集しています!
興味がある人がいたら連絡してください!
ランチしましょう!


感想がありましたら twitter まで連絡してください。面白かったらシェアしてください!

ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
taskey.incでpeepというアプリを作っているプログラマ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。